FXB-Manual デイトレード ブレイクアウト マルチタイムフレーム分析 ライントレード

FXB-Manualを検証レビューしました

FXB-Manualはラインブレイクを狙った手法がメインになります。

高い評価をつけている方が多いFX商材の一つです。ザックリと特徴を紹介しますと、以下のようになります。

  • リミット60pips:ストップ10pips
  • 勝率は50%を超える
  • ポイントを絞りに絞るためエントリー数は少ない
  • ダマシをいかに回避するかが課題
  • 著者は毎月500pipsほど獲得している
  • 使うインディケターはMA3本のみ
  • 返金保証の条件が緩め
  • 日足、4時間足、1時間足、30分足、を確認して15分足でエントリー
  • 動画で著者のトレードが見れる

リミット60、ストップ10というところだけを見ても、まさに損小利大といったらロジックになっています。

エントリーポイントは少なめ

1通貨だとエントリーポイントが1週間に3回もないということもあるので、基本的には複数の通貨ペアを監視することになります。

EUR│USD
AUD│USD
GBP│USD
USD│CAD
USD│CHF
GBP│CHF

この5つの推奨通貨ペアを見ることで、エントリーポイントを増やすという考えになります。

5つ全てを見るのが大変ということであれば、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドルの3通貨に絞って見るのもいいでしょう。

もしくは、毎日FXBさんのブログで注目の通貨ペアが毎朝紹介されているので、そちらを参考にしてみてください。

 

ランキングをクリック

1

FXBさんはランキング上位にいるのでチェック

2

FXBさんの注目通貨ペアを見てみる

FXB-Manualは負けるのが難しい?

FXB-Manualは2勝8敗でもプラスになります。

2勝×60pips=120pips
8敗×10pips=80pips
120pips-80pips=40pips

2勝8敗というのは普通はだすほうが難しい確立です。

丁半博打ってありますよね。

2つのサイコロを振って、数字の合計が奇数なら「半」、偶数なら「丁」という時代劇でよくあるあれです。

丁半博打でさえイカサマなしで考えれば、振れば振るほど「半」「丁」がでる確立は50%に収束します。

丁半賭博でさえ50%なんですから、勝率の高いポイントを厳選して入るFXB-Manualであれば、勝率が50%を切ることのほうが難しいということです。

ちなみに丁半賭博は同じ方に賭けて10回連続で負ける確立は1024回に1回になります。

FXだとスプレットがあるので負ける確立は上がるでしょうが、それでも同じ方向にエントリーし負け続けるというのは難しいものです。

たとえ天文学的な確率で20回負け続けたとしても、FXB-Manualのロジックだと4回の勝ちでプラスになります。

4勝×60pips=240pips
20敗×10pips=200pips
240pips-200pips=40pips

こう考えてみるとFXB-Manualは有効性が高いと考えられます。

理論的にはトータルして負けるのが難しいロジックでしょう。

課題はダマシをいかに回避するか

ラインブレイク後を積極的に狙っていくのでダマシに合う確率は高くなります。

ダマシというのはレジサポラインを抜けてブレイクしたと思ったら、すぐに戻ってきてしまった状況のことです。

ダマシ

画像の青丸で買いエントリーしたら、すぐ戻ってきたしまったということですね。

マニュアル内でダマシを回避する方法も解説されていますが、簡単に身につくものではないので最初のうちはダマされて当たり前だと思っていたほうがいいです。

待ちに待って「ココ」というポイントにも関わらず騙されたとなると、それだけでロジックを信じられなくなる可能性がありますからね。

FXB-Manualはルールが明確でシンプルとはいえ、裁量にたよる部分も多いため身に付くまでは、それなりに時間がかかると思ったほうがいいです。

販売ページには2週間とありますが、3ヶ月ほど時間をとってトレードスキルを上げることに専念しても良いでしょう。

購入を迷っているなら

まずはFXBさんのブログを読んでみましょう。

http://fxbreak1.blog.fc2.com/

このブログはFXB-Manualの一部といっていいものです。

おそらくこのブログで書かれていることを、まとめてブラッシュアップさせたものがFXB-Manualなのでしょう。

見るとわかりますが、FXB-Manualの購入者さんとのやりとりが記事として更新されています。

これを読むだけでも購入後のイメージは湧きやすいはずです。左サイドバーの月間アーカイブ2010年8月から順番に読んでみてください。

20108

カレンダーをクリックして読むと読みやすいと思います。

calendar

まとめ

優良商材と呼ばれる商材は内容が濃く価値が高いものもあります。

ですがあまりのボリュームとロジックの複雑さから読むだけでお腹がいっぱいになってしまい、実際にやってみるまで行かないという声があることも事実です。

ですが、FXB-Manualに関して言えば、内容はそれなりに濃いんですが、ロジックはシンプルでルールも明確なため実際にやってみるというところまで壁が少ないと言えます。

派手な手法ではないですが、トータルでプラスになる手法を身につけたい方は、手にして良さそうという評価になります。

-FXB-Manual, デイトレード, ブレイクアウト, マルチタイムフレーム分析, ライントレード
-

© 2021 FX情報商材の実践検証レビューをやめて気楽にトレードしてる人のブログ