FXスキャルマスター スイングトレード スキャルピング トレンドフォロー 裁量トレード

FXスキャルマスター実践検証4~簡単にですがチャート分析してみましたの巻~

通貨ペア:ユーロドル

3戦2勝1敗
合計:+12.7pips

2013-07-06_05h02_27

※ツチノコ(クリック拡大)

ツチノコ

※ゲジゲジ(クリック拡大)

geji

昨日は1時間足のラインを抜けきれなかったのでエントリーしませんでしたが、今日は上に抜けてきたので、買いエントリーできるポイントを待っていました。

1時間足チャート

2013-07-05_07h56_25

赤丸が1時間足の抵抗線を抜けたところです。

1分足チャート

2013-07-05_07h56_17

E1でのエントリーになります。E1についての説明はこちらの記事をご覧ください。

エントリーはスキャルマスターのルールに従っていますが、損切りの位置はスキャルマスターのルールとは異なります。

1分足チャート

2013-07-05_08h48_201

その後、上昇したところで逆指値の位置を少し移動させ、損切りになった場合の損失が少なくなるようにしました。

ここでは矢印のような動きをしたら、逆指値の位置を赤ラインのところに移動させようと考えていました。

1分足チャート

2013-07-05_20h39_22

しかし上昇せず下降し逆指値にかかり損切りになりました。

損切りにはかかりましたが、-1.1pipsなので、すぐに取り戻せるぐらいで収まっています

すぐに取り戻せるぐらいの損失で抑えるというのは、FXでは重要なことなので意識して損失を減らす工夫をするといいですね。

2回目のエントリー

1分足チャート

2013-07-05_10h12_16

2回目のエントリーもE1のパターンです。損切りは直近の下値より少し下に設定しています。

1分足チャート

2013-07-05_10h12_1d6

いつものとおりであれば、エントリーしたすぐ下に損切りを設定するのですが、今回エントリーしたポイントは左の赤丸の高値を割り込んできているところでした。

上昇の勢いが弱くなってきてるということです。

ですので、ここからは下がる可能性も高いということで、すぐ下ではなく、前回の安値の下に損切りを設定しました。

1分足チャート

2013-07-05_10h46_55

その後、一旦は下がりましたが、ギリギリ前回の安値で反発上昇しました。

一番上の赤ラインで反発したのを確認してから、逆指値を建値の少し上に移動させました。

この時点で負けはなくなりました。

いま見ると、赤ラインで反発した安値の下に逆指値でも良かったですね。

1分足チャート

2013-07-05_21h33_40

その後は、前回の上値を超えることなく、徐々に下降していき逆指値に引っかかりました。

損切りと書きましたが、1pipsとはいえプラスなので損切りではないですね。

3回目のエントリー

5分足チャート

2013-07-05_22h48_07

3回目は米国雇用統計が発表された後のエントリーになります。

ボラティリティが広がっていたので、1分足ではなく5分足を使いました

5分足でもとくにルールは変りません。変わるのは損切り幅だけです。

5分足チャート

2013-07-06_03h41_31

赤丸の位置で、E1の決済ルールになったので成り行き決済しました。

+12.8pipsになります。

まとめ

私がFXスキャルマスターを実践するときは、損切り幅をかなり浅めにいれています。

浅めにいれるとその分勝率が落ちますが、その分、利を伸ばせるときに伸ばすというスタイルですね。

ただ、今回のエントリーで感じたのは、1分足を使ったトレードだと利を伸ばすのは難しいかもしれません

10pips前後で決済すればプラスになるのに、利を伸ばそうとしたせいで損切りになることが多いです。

今回も10pipsほどで決済すれば30pipsほどはとれていました。

ですので、今後は細かく利益を取っていくスタイルに変えるか、トレードに使う時間足を変えるかしてみます。

ただスキャル商材なのに時間足を変えての実践というのも、スキャルマスターに興味のある読者さんが求められている情報とは違ってくると思うので、10pipsほどで決済するようにしてみます。

というより、記事を書いてて思い出しましたが、スキャルマスターの決済ルールを使うのを忘れていたので、まずはそちらを優先的に使っていきますね(汗)

スキャルマスターFXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス1点(良い)
売り込みの激しさ5点(すごく良い)

合計15点:A級商材

ランク説明

点数画像

FXスキャルマスターを購入する

-FXスキャルマスター, スイングトレード, スキャルピング, トレンドフォロー, 裁量トレード

© 2021 FX情報商材の実践検証レビューをやめて気楽にトレードしてる人のブログ