TURBO FX システムトレード スキャルピング トレンドフォロー +15pipsスキャルFX

TURBO FX実践検証1~とりあえずTURBO FXを使ってエントリーしてみました!の巻~

通貨ペア:ユーロドル
成績:4戦3勝1敗
合計:+25.6pips

screenshot_02

先週の金曜、17日のトレード結果になります。

screenshot_14

上の画像は1時間足チャートです。

黄色の丸が1回目のエントリー位置になので、

実践中は丸以降のレートは見えていない状態になります。

黄色丸の位置までレンジ相場気味ではありますが、

1時間足より大きな流れを見ると下降気味になっていましたし

直近のレートは長い陰線を作りつつあったということで

今回は売りに絞ってエントリーしました。

1回目のエントリー

ユーロドル1分足チャート

screenshot_01 (2)

1分足でエントリーした場合はリミットが10pipsとなっているので、

エントリー後に10pipsに決済指値を入れていますが、

ここではリミットに達成せずに利益確定シグナルがでたため成り行きで決済しました。

※今確認したらユーロドルの1分足は12pipsがリミットのようです

ユーロドルの5分足チャート(縦の赤ラインがエントリーしたポイント)

screenshot_02 (2)

1分足でエントリーした位置を5分足で見ると

レートがMAの下にあり、角度も右肩下がりになっているので、

売りエントリーの条件としては悪くなかったんじゃないかと思います。

2回めのエントリー

ユーロドルの1分足チャート

screenshot_03

2回めもリミットに達成せず、成り行きで決済となりました。

スプレッドが大きいとマイナスだったトレードです。

マニュアルにもありますがTURBO FXは

スプレッドが大きい業者だと、それだけでかなり不利になります。

ですのでスプレッドが狭い業者を選ぶのは必須です。

ちなみに私が検証で使用しているのは

pepperstoneのRAZOR口座なので、

ユーロドルのスプレッドは0.1~1pipsになっています。

RAZOR口座はスプレッドが狭いぶん手数料がありますが、

このトレードではぎりぎりプラスになっていました。

ユーロドルの5分足チャート(縦の赤ラインがエントリーしたポイント)

screenshot_04

ここをみる限り超短期の売りで入るポイントとしては悪くなさそうですが、

思ったように下落しなかったため、決済のサインがでたようです。

3回めのエントリー

ユーロドル1分足チャート

screenshot_05

3回目は損切り決済となりました。

損切りの位置はエントリーシグナルと同時に表示されるので

エントリー後すぐに逆指値を設定するようにしています。

このチャートをみると決済サインは表示されていませんが

決済サインが出る前に買いエントリーサイン(緑の矢印)が出現したため

もともとあった売りの損切りラインがなくなっています。

こういった状況ではドテン買いをすることもマニュアルに記載されていますが、

今回の実践では売りに絞っていたので買いサインは無視しています。

ユーロドルの5分足チャート(縦の赤ラインがエントリーしたポイント)

screenshot_06

5分足をみるとMAにはまだ角度がありますが、

長めの陰線陽線が交互に現れているので

少し様子を見ても良さそうなポイントでしたね。

4回目のエントリー

ユーロドルの5分足チャート

screenshot_07

4回目のエントリーは、5分足で売りサインがでたので

5分足を基軸にエントリーしました。

3回目で損切りになった後、MAが水平になってきていたため

その後、しばらく様子を見てからエントリーしています。

(様子見中に表示されたサインは無視)

状況としてはMAの角度がまだ水平になっているので

まだレンジが続いていもおかしくないところでしたが、

結果的に下落し設定していたリミットで決済となりました。

「結果的に下落」なので勝ちはしましたが良いトレードではありませんね。

TURBO FXが上手く機能する相場について

ユーロドルの5分足チャート

screenshot_12

上の画像は、4回目のエントリーの後のチャートになります。

トレンドフォローなので言うまでもなく

こういった下降相場なら1分足でサインが出るたびエントリーしても

コツコツと利益が積み上がっていきます。

ユーロドル1分足チャート(左の赤の縦ラインが5分足の左に引いた縦ライン)

screenshot_13

白丸がサインが表示されたところです。

トレードできる時間というのも人それぞれなので

すべてのサインにエントリーするというのは難しいと思いますが、

上手く機能しているのはわかりますよね。

問題は、そういった下降相場をどうやって見分けるかということですが、

完全に見分けることは不可能なものの

  • TURBO FX中級編の「基本的な裁量判断を取り入れる」
  • TURBO FX上級編の「特典インジケーターを使った裁量判断」

辺りを参考にすれば、ある程度判断できるようにはなるはずです。

まとめ

1回目ということで、深く考えずとりあえず使ってみました。

上級編のインディケーターの見方・使い方を理解すると

また違ったトレードになりそうなので、

2回目以降は上級編を取り入れて実践していこうと思います。

使い方はシンプルなものの、

使いこなすにはやはりそれなりの時間は必要ですね。

3ヶ月ほどじっくり使ってみるぐらいの気持ちだと間違いがないでしょう。

後は、道具として上手く使いこなせるよう

TURBO FXが上手くハマる相場、ハマらない相場を自分なりに記録し、

精度を上げていけばいいのではないかと思います。

TURBO FXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ1点(普通)

合計13点:B級商材

ランク説明

点数画像

-TURBO FX, システムトレード, スキャルピング, トレンドフォロー, +15pipsスキャルFX

© 2021 FX情報商材の実践検証レビューをやめて気楽にトレードしてる人のブログ