恋スキャFXビクトリーDX

恋スキャFX実践検証1~コツコツドカンを回避の巻~

恋スキャFX実践結果

資金:10万(デモ)

ロット数0.5(5万通貨)

通貨ペア:ドル円

5戦4勝1敗
計:+10.8pips

3-27

5つのエントリーの内、4つが恋スキャのレンジ対応ロジックで、1つは高速スキャルピングロジックでのエントリーです。

負けは15分足でタイミングを測っての押し目買いエントリーでしたが、ちょうど転換して下降トレンドへと移っていった場面でした。

反省点としては少しエントリーするのが早く、自分としてもどうかな?と思いつつのエントリーだったのでここでは見送るべき場面でした。

その分、損切り幅を浅くしていたことは良い点だったと自分をフォローしておきます。

恋スキャFXに限らずですがFXでは損切りが命になります。

とくに恋スキャFXは勝ちに対して損切り幅大きくなりやすく、コツコツドカンとやらかしてしまう方が多いようです。

たしかに実践してみるとそうなるのもわかります。

というのも、恋スキャFXはロジックがシンプルがゆえに、裁量判断を求められることが多くなります。

恋スキャのレンジ対応ロジックに対応するポイントのたびエントリーしていては損を膨らましてしまうことになるでしょう。

おまけに勝率も低くなっていきます。

恋スキャでコツコツドカンにならない対応策

ではコツコツドカンにならないために、どうするかというと「5分足で入る場合も1時間足を確認する」になります。

これをするだけでコツコツドカンとなることは減らせるはずです。

1時間足が上昇トレンドなら、5分足でも買いでしかエントリーしないということですね。

これはFXでは良く言われることですが、恋スキャにも例外なく当てはまります。

恋スキャレンジ対応ロジックの場合は、1時間足で上昇していても5分足だけ見ると売り買いどちらでもエントリーできるタイミングがあるんです。

なので、1時間足で上昇トレンドなら、5分足でエントリーする際に、徹底して買いでしか入らないとするだけで勝率があがりコツコツドカンも減らせるということです。

損切りは成り行きだとタイミングを逃してしまうので、逆指値を必ずいれるようにしましょう。

FX業者にもよりますが、エントリーと同時に指定した幅の逆指値を入れれるようになっています。

例えばGMOクリック証券のはっちゅう君などもそうです。

デモで試せるので実際にやってみると便利なのがよくわかると思います。

これもコツコツドカン対策の一つになるんじゃないでしょうか。

稼ぎたいという気持ちが大きいと、無駄なエントリーや、負けた分取り返そうとしてさらに負けるという悪循環になってしまします。

ですので、とりあえず稼ぎたいという気持ちは置いといて、まずは自分が理想としているトレードができるようスキルアップにつとめてみてください。

-恋スキャFXビクトリーDX
-,

© 2021 FX情報商材の実践検証レビューをやめて気楽にトレードしてる人のブログ