スイングトレード デイトレード トレンドフォロー マエストロFX マルチタイムフレーム分析 ライントレード 裁量トレード 逆張りトレード

マエストロFX実践検証8~マエストロFXは裁量スキルを上げたい人向けの巻~

通貨ペア:ドル円、ユーロドル、ユーロ円

3戦3勝0敗
合計:45pips

2013-05-16_02h52_00

マエストロFXを検証し始めて2週間弱なのでなんとも言えませんが、今までのところ21戦16勝ということで勝利も8割近くなっています。

損益率は0.75(勝ち平均15pips:負け平均20pips)なので低いんですが、勝率でカバーできているので問題は無さそうです。

15pips抜きとブレイクの相性が思ったよりも良いですね。

普通ブレイクはダマシに合うことが多いんですけど、15pipsであればそのまま取れることが多いです。

15pipsで決済された後チャートを見ていると、戻ってくることが多いので、利を伸ばそうとしていると損切り、もしくは薄利で決済することになります。

今回もそんなエントリーでした。

30分足、赤丸がエントリーしたポイント

2013-05-15_22h25_36

長い陰線をつけてサポートラインをブレイクした赤丸付近でエントリーしました。

その後、一旦上昇したものの再度下降して赤丸付近の指値で決済されました。

30分足、赤丸が指値決済ポイント

2013-05-15_23h10_581

初回の-3σは本当に気をつけなくてはならないポイントなんですが、私の場合はエントリーすることが多いです。

ただ、やはりダマシに合うことも多いので、一つの時間足だけでは判断していません。

今回は5分足のサポートラインを抜けて下降に勢いを感じたのでエントリーしました。

5分足、赤丸がエントリーしたポイント

2013-05-16_03h25_01

赤いラインが5分足のサポートラインなんですが、抜けてボリバンも広がってきています。

マエストロFXでよく聞く、ボンズ頭もちらほら見えますね。

とはいえ15pips以上だと精度は落ちるかと思います。

このエントリーも15pips抜いた後は上昇し、レンジ相場になっています。

2013-05-16_04h29_08

ただ、この業者はユーロ円のスプレッドが4なので、スプレッド幅が狭い業者であれば20pipsほどは抜けるとは思います

もちろん負けるときは負けますけど、そのときは早めの損切りをするしかないですね。

まとめ

このブレイクに関しての手法・・・というか考え方は、マエストロFXの初期にでてくるんですが、これだけでも私はトレードの精度がかなり上がりました。

裁量スキルがなければ、いずれFXを辞めることになるという考えではいたので私には相性が良かったともいえますね。

私がそうだったからと言うわけではないんですが、もしあなたも裁量スキルをあげてFXで勝ちたいというタイプなのでしたら、是非マエストロFX検討してみてください。

-スイングトレード, デイトレード, トレンドフォロー, マエストロFX, マルチタイムフレーム分析, ライントレード, 裁量トレード, 逆張りトレード
-

© 2021 FX情報商材の実践検証レビューをやめて気楽にトレードしてる人のブログ