スイングトレード デイトレード トレンドフォロー マエストロFX マルチタイムフレーム分析 ライントレード 裁量トレード 逆張りトレード

マエストロFX実践検証6~マルチタイムフレーム分析の重要性の巻~

通貨ペア:ユーロ円

1戦1勝0敗
合計:+15pips

2013-05-14_05h04_48

月曜はあまり得意ではないんですが、いつもどおりのレジサポブレイクで15pipsはとれました。

先週は15pips取れそうなポイントを見つけるのがテーマだったので、ポジションを2つ同時に持つこともありましたが、今週はよりエントリーを厳選して、保有するポジションは1つ、エントリーは1日3回以内に抑えようと思っています。

マエストロFX以外の商材も実践しているので、そちらで保有しているポジションに関してはカウントしません。

エントリー1

時間帯は15時以降のほうがサクッと取れる気がしますが、朝昼でも条件さえ満たせばエントリーしています。

このエントリーは朝8時台でした。

今回は私が各時間足で、どういったことをチェックしているのか書いてみました。

4時間足

4時間足のサポートの少し上にローソク足があり、ボリバン+2σまでの上昇してもおかしくない状態でした。

30分足

レンジを形成していたもののボリバンの先が広がりつつあり、直近の高値を超えてきていました。

5分足

窓を埋めた後、4時間足のサポートと5分足のMAが重なるあたりで、長い陽線をつけ30分足のレジスタンスを抜けたところでエントリーしました。

5分足をエントリータイミングに使いましたが、必ず5分足と決めているわけではないです。

今回は30分足は動きが鈍化していて、方向性がいまいちわからなかったので、5分足をみてタイミングをとってみたということです。

エントリー後の30分足チャート

2013-05-13_08h12_59

30分足の+3σだったので、その辺は警戒していたんですが、幸い15pipsということで指値で決済されました。

まとめ

マエストロFXはマルチタイムフレームという複数の時間足を見てチャートの背景を分析していくようになります

この分析法を身に付けると、どういった相場でも柔軟に対応していけるようになるので、これから先、長い間トレーダーとして活動していきたい方には是非検討してもらいたい商材ですね。

私もどうせFXをやるなら一過性ではなく、長年稼げるスキルを身につけたいのでマエストロFXをベースに裁量スキルを上げて行きたいと思います。

マエストロFXを購入(白山特典付き)

 

-スイングトレード, デイトレード, トレンドフォロー, マエストロFX, マルチタイムフレーム分析, ライントレード, 裁量トレード, 逆張りトレード
-

© 2021 FX情報商材の実践検証レビューをやめて気楽にトレードしてる人のブログ