PLATINUM TURBO FX スキャルピング

PLATINUM TURBO FX検証8【2015/9/15の相場】

9月15日(火)の結果になります。

プラチナ ターボ FXの検証方法については以下のページをご覧ください。

PLATINUM TURBO FXの検証方法について

東京時間(9時~16時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-15_18h03_51
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)

1回目:約+5pips
2回目:約+13.3pips
3回目:約+9pips
4回目:約-10.1pips

合計:約+17.2pips

ロンドン時間(16時~24時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-16_09h23_03
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)(青ゾーンはNY時間と重なる時間帯)

1回目:約+7.4pips
2回目:約-10pips
3回目:約-9.5pips
4回目:約+4.7pips

合計:約-7.4pips

ニューヨーク時間(22時~5時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-16_09h28_40
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)(青ゾーンはロンドン時間と重なる時間帯)

1回目:約+5pips
2回目:約-7.4pips
3回目:約+8pips
4回目:約+4.7pips
5回目:約+6pips
6回目:約-5.1pips
7回目:約-3.9pips

合計:約+22.1pips

まとめ

この日を一時間軸で見てみると、東京時間に一気に下げ始め、ロンドン時間に入り勢いが弱まり、その後上昇していったという流れになります。

2015-09-16_20h04_10

ロンドン時間からNY時間にかけては上手くプラチナターボFXが機能してくれたように思います。

ただ前回の記事でも書きましたが、1分足と5分足のHMAが揃ったときのみエントリーとしているので、トレンドの転換で上手く乗ることができないといったことが起こります。

例えば東京時間の午前中は、前日の上昇の流れを背景に買いサインに乗ることができていますが、その後の下落を見送ってしまっています。

2015-09-15_18h03_51

見送っていたポイントを1時間足で見ると以下のようになっています。

2015-09-16_20h04_10

できれば、こういった下落では売りエントリーしていきたいですよね。

そういったときは、やはり裁量判断を加える必要があります。

上記画像でいうと、東京市場が開始された直後は上昇したものの、MAは水平気味なので、ここからレンジになるかもしれないと考えることができたと思います。

ただリアルタイムに見ていると、MAの先端はやや上を向き、バンドが拡大傾向になっていたかと思うので、下落よりは上昇を考えて見ているかもしれません。

ですが、+2σを下抜けてきたなら売りエントリーを考えられるので、そこからプラチナターボFXのサインを根拠に売りエントリーができた可能性があります。

+1σの下抜けは、より下落の可能性が高くなるので、同じように売りをできた可能性があります。

ちなみに、1時間足で+1σを下抜けてきたポイントを、プラチナターボFXのチャートで確認してみると、以下の画像のポイントになります。

2015-09-15_18h03_51

良いタイミングでサインがでているので、上手くエントリーできれば利益を膨らますことができるような状況ではありました。

ちなみに、この裁量判断は、私なりの検証ルールの1分足と5分足のHMAが揃ったときのみエントリーという条件があってのものなので、どういった条件でエントリーするかによって加える裁量判断は変わってきます。

こういった判断は、検証をして、どうすれば良いのか自分で気づくしかありません。(自分で検証をして気づくということが何よりも大切です)

何にでも言えることですが、仮説を立て、検証をし、改善をするということを、自分一人でできる人ではないと、結果というのはなかなかついてこないのではないかと思います。

「参考にする」のと「頼る」ことは別なので、いま自分がしていることはどちらなのかを客観的に見てみることも時には大事かもしれませんね。

PLATINUM TURBO FXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ1点(普通)

合計13点:B級商材

ランク説明

点数画像

PLATINUM TURBO FXを購入(白山特典付き)

-PLATINUM TURBO FX, スキャルピング

© 2021 FX情報商材の実践検証レビューをやめて気楽にトレードしてる人のブログ